東京都練馬区 黒田行政書士事務所 お問い合せは 03-5971-2773 土日OK sitemap
ホームに戻る 相続手続 手続代行 事 例 遺 言 後 見 単身者 離 婚

相続手続き、お手伝い事例     こんなお手伝いをして来ました。 相続手続き代行→こちらへ
 【プライバシー保護には充分配慮しております】


秘密証書遺言があった
亡くなった方が秘密証書遺言を作成しておられました。検認のご案内をし、遺言執行のサポートをしました。

ご両親が相続
独身のお子様が亡くなり、ご両親が相続人となりました。ご高齢で遠方にお住まいでしたので、他のお子様と一緒に、相続手続のお手伝いをいたしました。

相続人の調査
数十年前に亡くなった方の相続手続が完了しておらず、戸籍から相続人の確定をし、現在のご住所までお調べいたしました。総勢三十人超のご相続人となりました。

付き合いのなかったご相続人への通知
面識のなかったご相続人への通知を代行し、遺産分割協議書の作成まで完了いたしました。

 手続きし忘れていた預金
10年近く前に亡くなった方の、銀行預金の相続手続きのお手伝いをしました。長い時間が経過してしまったので、相続人の中にも亡くなった方もおられ、その相続人の方を探して、という複雑な手続きになりました。

 相続手続きに必要な書類の取得
銀行、農協、信用金庫、証券会社などの相続手続きに必要な書類の取得。あわせて相続税の申告に必要な書類(残高証明の申請、登記事項証明、公図、名寄帳、固定資産評価証明等々)の取り寄せのお手伝いをしました。

 相続人関係図、遺産分割協議書の作成
ご自分で集めておられた戸籍をお持ち頂き、相続人関係図を作成しました。後日、メモ書きの遺産分割協議の内容から、遺産分割協議書を作成しました。


海外在住のご相続人
サイン証明の必要な書類がありましたので、弊事務所から書類をPDFファイルにしてメールで送り、現地で証明を取得後、国際宅配便で返送していただきました。距離的なストレスも全く感じませんでした。

失踪宣告
甥姪の皆様がご相続人となったケースです。亡くなった方の一番下の弟も40年ほど前に亡くなっていると、ご親族の皆様は聞いておられましたが、戸籍上は現存しておられ相続人となることが分かりました。亡くなっているのは間違いないようでしたので、ご親族の方から裁判所に失踪宣告の申立をしていただき、一年半後に審判がおりました。その後、戸籍の届出をし、遺産分割協議をしました。

未成年者(20未満の方)がご相続人の中にいる
法定代理人であるお母様との間で利益相反するケースでしたので、家庭裁判所に特別代理人を選任してもらい、遺産分割協議をしました。

先妻のお子様へのご連絡
亡くなった方の戸籍をみて初めて、前婚でお子様がいることが判りました。相続人として遺産分割協議に参加してもらわなければなりません。ご連絡から遺産分割協議まで全てサポートいたしました。

外国籍の方のご相続
人生の大半を日本で過ごし、日本人の奥様とお子様もいらっしゃいましたが、日本には帰化していなかった方(日本の戸籍はありません)のご相続のお手伝いをいたしました。外国の戸籍の翻訳が必要でしたが、プロには依頼せず、お客様と二人三脚で完了することができました。

成年後見人を選任して
ご相続人の中に認知症の進まれたご婦人がおられたので、そのお嬢さんを法定後見人に選任してもらい、遺産分割協議を進めました。

お子様のいなかったご夫婦
夫死亡時、妻70歳代後半、夫も妻も初婚で子どもなし。
相続人となるのは妻と夫の兄妹ですが、夫の兄妹は全て死亡しており甥御さん、姪御さんが相続人となりました。しかし、甥、姪とは何十年も交流がありませんでした。妻Aさんは、預金を払戻しようと金融機関に行きましたが、相続人全員のハンコがないと駄目ですと言われ、途方に暮れておられました。ご相談を承った時には、既にご主人が亡くなってから三年余り経っていました。消息のわからなかった甥、姪を探し連絡をとり、全て解決するまでお手伝いしました。亡くなったご主人が「遺言書」を残しておられれば、妻の苦労は少なかったと思われます。

行方不明の人がいた
母が亡くなり、子どものAさんは相続の払戻の手続きをしようと、戸籍を揃えて金融機関に行きました。しかし、金融機関の方からBさんも相続人であると指摘され、Bさんのハンコも必要だと言われました。Bさんは亡くなった母親の前婚の子です。Aさんは母親からBさんは死亡したと聞いていたのですが、実は現存されていたようです。Bさんの行方を捜しましたが全くわかりません。このままでは手続きができませんので、裁判所に「不在者の財産管理人」の選任の申立てをし、預貯金と不動産の遺産分割をしました。調査から遺産分割終了まで半年程で完了しました。

相続人が多数
お子様のいないご夫婦が相次いで亡くなられて、相続人が数十人になったケース、相続の権利のある方が亡くなって、その方の配偶者と子どもが相続人となり、複数になったケースなどもお手伝いいたしました。

時間がない
遺産の分割は問題なく終わったが、仕事が忙しく金融機関等の手続きに行けないとのご相談を受け、代行いたしました。
ご予算の範囲内でお手伝いいたしますので、どうぞご相談ください。

メール メール相談

東京都練馬区 黒田行政書士事務所 お問い合せは 03-5971-2773 土日OK